逆ダイエット

【素朴な疑問】逆ダイエット(デブエット)できれいに太るにはプロテインはいつ飲めばいいの?

逆ダイエット(デブエット)をする上で、
プロテインを摂取して効果的に筋肉の元となるタンパク質を取り入れることはとっても重要ですね。

では、
肝心のプロテインはいつ飲めばいいのでしょうか?

それは、
【トレーニング後30分以内】【食間の間食時】【就寝前】の3つのタイミングです。

このタイミングでプロテインを飲めば、
効率よく体内がタンパク質を吸収することができるので、結果としてキレイに太る事ができます!

筋肉の元になるタンパク質は、
常に体内に不足がないようにしておくことが大事なのですが、やみくもに摂取するだけでは効率はよくありません。

身体がタンパク質を欲しているタイミングを見計らって摂取することで、
ダイレクトにタンパク質が筋肉へと変換するのです。

プロテインと言えば、
タンパク質を効率よく摂取できる便利な健康食品。

逆ダイエッターにとっては必需品とも言えるでしょう。

【トレーニング後30分以内】【食間の間食時】【寝る前】のタイミングでタンパク質やプロテインを飲んで、効率よく筋肉をつけるようにしたいですね。

関連リンク▼▼▼
→【逆ダイエットで気をつけるポイントとは?

逆ダイエット(デブエット)でプロテインをトレーニング後30分以内に飲む理由

トレーニング後30分以内というのは、
まさに筋肉が修復しようとしてタンパク質を欲しているゴールデンタイムです。

お腹が空いた赤ちゃんにミルクをあげると、
それはもうものすごい勢いでミルクをごくごく飲みますよね。(想像するだけでも可愛いですね^^)

トレーニング後30分以内の身体の状態とは、
まさにお腹を空かせた赤ちゃんの状態と思ってください。

固形のタンパク質(お肉など)でもいいのですが、
やはり運動直後はそこまで空腹感はないはずなので、吸収がいいドリンクタイプのプロテインを飲んだほうが絶対にいいんです。

あわせて読みたい▼▼▼
→【逆ダイエットのコツは栄養吸収率?

逆ダイエット(デブエット)でプロテインを食間の間食時に飲む理由

身体は常に燃焼していて、
タンパク質を欲している状態なのです。

食事と食事の間が空くと、
お腹が減った時にはお腹がグゥ〜っと鳴りますよね?

そのお腹が鳴ることは、
タンパク質不足で身体の筋肉が分解されている合図なのです。

空腹で脳に必要な糖分が不足すると、
身体は筋肉を分解して糖分を脳へ送ろうとします。

すると筋肉量がどんどん減っていき、
逆ダイエットやデブエットとは真逆の筋肉量減少へと向かってしまうのです。

そうならないために、
食事と食事の間の時間帯にプロテインを飲んでおくことで筋肉の分解を防ぐのです。

だいたい小腹が空くのは昼食と夕食の間の時間帯。

この時間帯にドリンクタイプのプロテインやプロテインバーなどを準備しておくことで、
逆ダイエットのための習慣(食事回数の増加、筋トレ、ランニングなど)を途切れさせないようにするのです。

あわせて読みたい▼▼▼
→【逆ダイエットのコツはダイエッターのリバウンドにあり?

逆ダイエット(デブエット)でプロテインを寝る前に飲む理由

寝ている間は当然ものを食べたり飲んだり出来ませんよね。

寝ている間も、
人間の身体は栄養が不足していれば筋肉の分解が始まってしまいます。

ダイエットして痩せたい人は、
寝る前は特に食事を控えて体重を減らしますが、逆ダイエットをしている人は寝ている間も筋肉量が減らないようにしなければなりません。

そのために、
寝る前にプロテインを飲んで就寝中の筋肉の分解を防ぐのです。

逆ダイエッターにとって、
たくさん食べてたくさん動いた日の次の日の体重計はドキドキですよね。

翌朝体重計に乗ったときに、
体重が前日と変わらず、または増えている時は寝ている時もしっかりと逆ダイエットをしていた、ということです。

寝る前こそ、
体重を増やす努力の一環としてプロテインを飲むのが重要なんです!

あわせて読みたい▼▼▼
→【逆ダイエットに効果を感じた食品とは?

デブエットや逆ダイエットにオススメなのが【ドクター・フトレマックス】

デブエットや逆ダイエットを成功させるには、
筋トレや食生活の改善が必要だというのがお分かり頂けたと思います。

ですが、
いきなりすべてをデブエットブログに書いてあるようにストイックに継続、結果を出すのはなかなか難しいもの。

関連リンク▼▼▼
→【デブエットブログから学ぶ逆ダイエット成功のコツとは?

理想は、
やはり数ヶ月単位、年単位で体重の増加を目標にするのがベストです。

ブログ情報や自分の強い意志に頼るのもいいですが、
デブエットや逆ダイエットを補助してくれるツールを活用するのも賢い選択です。

理想の自分になるための手段はひとつではありませんよね。

デブエットのポイントであるのが、
【高タンパク質、高カロリーでかつ栄養吸収率が良い食品】を摂ることです。

関連リンク▼▼▼
→【栄養吸収率を高める効果があるピペリンとは?

こちらをサポートしてくれるのがドクター・フトレマックス

ドクター・フトレマックス

※今なら全額返金保証付き!
※公式HPからの購入で11,800円→7,680円(最安)

ドクター・フトレマックスを利用して、
無理なくデブエットや逆ダイエットを継続している人や、見事健康的に体重増加を成功させた人もたくさんいます。

こちらには、
実際にドクター・フトレマックスなどの健康補助食品を活用してデブエットに成功した方の声をまとめてみました。

・「ガリガリ!」「痩せすぎ!」と言われなくなった!
・「ご飯食べてる?」と言われなくなった!
・彼氏から「女性らしい体型になったね」と褒められるようになった!
・ノースリーブやスカートを着るのが楽しみになった!
・彼女から「たくましくなったね」と褒められた!(男性)

ドクター・フトレマックスを上手に利用することで、
本来の女性らしい理想の姿を表現できるようになったという方がたくさんいるのです。

また、
ドクター・フトレマックスは粉末状食品で、主に牛乳と一緒に混ぜて飲むタイプなので無理なく摂取することができます。

味はスパイシーココア味。

メインはココア味で、
さらに食欲を刺激する生姜味も少し含まれています。

※ほとんどがココア味なので多くの方に好まれる味となっています。

これならば、
サプリや錠剤を飲むのが苦手な人でも手軽に飲むことができますね。

・デブエットをしたいけど意思が弱い
・逆ダイエット中だけどなかなか結果が出ない
・食事管理に加えてもうひとつ手を打ちたい
・無理せずに長期的にデブエットを継続したい

そんな方々は是非一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ドクター・フトレマックス

→【管理栄養士が監修した太るサプリ「フトレマックス」】公式サイトへ

※今なら全額返金保証付き!
※公式HPからの購入で11,800円→7,680円(最安)

まとめ

逆ダイエットを成功させるには、
プロテインやタンパク質を摂取するタイミングは非常に重要です。

闇雲にたくさん食べたり、
脂質の多い食品を食べたり、不規則な時間に食事をしたりすると、例え体重が増えたとしてもキレイに太ったとは言えませんよね。

逆ダイエットは筋肉をつけてキレイに太るのが目的です。

【トレーニング後30分以内】【食間の間食時】【寝る前】のタイミングを意識して、
効率よく筋肉をつける習慣を身につけるのが逆ダイエットの成功の秘訣なんです!

関連記事

  1. デブエット

    逆ダイエットで体重を増やすにはダイエット後のリバウンド方法にヒントがある?

    逆ダイエット(デブエット)で体重を増やすには、ダイエット(体重を落…

  2. デブエット

    プッシュアップ(腕立て伏せ)は逆ダイエット・デブエットにオススメの筋トレです!

    逆ダイエットで健康的に太るには、筋トレをして筋肉量を増やすことが重…

  3. 健康的に太る

    逆ダイエットで筋トレをしても女性はムキムキにならないので安心して筋トレしよう!

    逆ダイエットでは、筋肉量を増やしてキレイに、そして健康的に太ること…

  4. デブエット

    知っておきたい!逆ダイエット(デブエット)の意味は「健康的に・キレイに太る」

    逆ダイエットやデブエットという言葉は、あまり聞き慣れない言葉ですよ…

  5. 筋トレをして体重を増やす

    逆ダイエットのコツは血糖値を上げて栄養の吸収率を向上させること!

    逆ダイエットでキレイに太るには、栄養の吸収率を上げて効果的にカロリ…

  6. デブエット

    逆ダイエット(デブエット)で健康的に太ればモテるようになる!

    逆ダイエットという言葉が最近話題ですね。ダイエット=痩せる、と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 健康的に太る

    【デブエットではNG】逆ダイエットを成功させるコツは「ながら食い」にアリ!
  2. 健康的に太る

    逆ダイエットで筋トレをしても女性はムキムキにならないので安心して筋トレしよう!
  3. 健康的に太る

    胸板が厚い女性とおデブな女性は紙一重?!最優先でケアするのは健康的かどうかです!…
  4. デブエット

    筋肉をつけないと痩せちゃう?デブエットで太りたいなら筋トレで筋肉をつけよう!
  5. デブエット

    逆ダイエットするなら骨も同時に鍛えよう!骨量キープで健康的な体を作る!
PAGE TOP