デブエット

【キレイに太る!】逆ダイエットに効果を感じた食材や食品を紹介!

逆ダイエットとは、
痩せている人が適度な肉(主に筋肉)をつけて健康的に体重を増やすことを指します。

大前提として、
体重を増やすには食事をしなければなりませんよね。

「なんとしても太りたい!」

と言って、
お菓子やジュースなどの砂糖をたくさん食べても、健康的に太ることはできません。

そこで、
今まで逆ダイエットしてきた経験から、ワタクシが効果を実感できた食品をいくつか僭越ながらご紹介させていただきます!

逆ダイエットに取り組んでいる皆さんの参考になれば幸いです^^

納豆

まずは日本人といえばコレですね。

納豆は植物性タンパク質の代表とも言える健康的な食材。

筋肉の元になるタンパク質を豊富に含んでいる上に、
腸内環境をしっかりと整えてくれる納豆菌もたくさん含まれています。

筋肉の生成に必要なタンパク質を摂ると同時に、
身体に不要なものを排泄してくれるように腸内を整えてくれるので、逆ダイエットにはまさにピッタリの食材です。

1日1パックを目安に毎日食べるようにしましょう。

ちなみに、
キムチも納豆と同じ発酵食品で腸内環境を整えてくれるので一緒に食べるのがおすすめです!

白米

健康的に太るには、
炭水化物も適度に食べていったほうがいいでしょう。

体重を増やすには筋肉を増やす必要があります。

そして、
筋トレなどのトレーニングをするには身体を動かすエネルギーが必要ですね。

自動車が走るにはガソリンのような燃料が必要なのと同じ様に、
身体を動かして筋肉をつけるにはまずは動力の源となる炭水化物が必要なのです。

逆ダイエットのためもそうですが、
そもそも白米って美味しいじゃないですか(笑)。

炊きたての白米をたくさん食べれば、
身も心も満足して明日への活力になると同時に、身体を動かす気力も湧いてきます。

結果的には、
逆ダイエットの成功の立役者となるので、毎食白米のお茶碗一杯以上を食べることを目標とするのがいいですね^^。

うどん

意外と消化がいいうどんですが、
当然ながら炭水化物の部類に入るので逆ダイエットにはおすすめです。

うどんの中でもコシがあるうどんを選べば、
たくさん顎を動かして食べることになるので顎の筋肉強化や唾液分泌にも効果があります。

うどんは、
温かいうどんでも冷たいうどんでもレシピが豊富。

逆ダイエットの天敵でもある食欲不振の際にも、
季節に合わせたレシピを考えながらうどんを食べれば無理なく栄養補給ができますよね。

近年ではうどんチェーン店が全国に展開されています。

外食が多い逆ダイエッターも、
丸亀製麺やはなまるうどんなどを利用してうどんを積極的に食べることで身体に必要な炭水化物を食べましょう。

ちなみに、
うどんと同類で扱われるお蕎麦も実はタンパク質を豊富に含んだ逆ダイエット食材。

アレルギーが無い人は、
うどんに飽きたらお蕎麦に変更して食べてみるのもいいでしょう。

牛ステーキ

ガッツリ食べると言えば、やはり牛ステーキは外せませんよね。

タンパク質の王者である牛ステーキは、まさに逆ダイエットに無くてはならない存在。

ボディビルダーも増量期には脂の少ないステーキをたくさん食べるといいます。

私も、
「いきなりステーキ」に通ってガンガン牛ステーキを食べて逆ダイエットしましたよ^^。

空腹時に「あぁ、ステーキが食べたい!」となれば、
それは身体が筋肉の元になるタンパク質を欲している証拠です。

ここぞとばかりに牛ステーキを喰らえば、
みるみるうちに筋肉となって体重増加の手助けになるでしょう。

牛肉の部位によっては、
脂分の多い少ないがありますので、自分の身体にあった牛肉の部位を食べるようにしましょう。

(オススメは脂分の少ないランプステーキです^^)

鶏肉・豚肉

タンパク質を摂るなら、
鶏肉や豚肉も当然ながらおすすめです。

牛肉と比べても、
鶏肉や豚肉はなんと言ってもコスパがいいのでお財布を気にせずにタンパク質を摂ることができます。

脂肪分の少ない鶏むね肉や、
脂肪燃焼を促すビタミンBを豊富に含んだ豚のしょうが焼きなどを積極的に食べることで、きれいに体重を増やすことができると思いますよ^^。

あんぱん

あんぱんと言えば、
おやつの代表格で、かつスイーツの部類に入るような糖分がある食べ物。

「キレイに太りたいからあんこが入ったあんぱんはちょっと・・・」

と思うのも無理はありませんが、
実はあんぱんは体重を気にしている人達の強い味方なのです。

あんぱんは、
タンパク質もしっかりとありながらも脂質が少ない食べ物で、腹持ちがよくあんこの甘さがしばらく持続するのでエネルギー補給にも優れているのです。

あんこはもともと大豆を使った甘味なので、
当然ながらタンパク質はしっかりと含まれています。

筋トレを日常的に実施している人達の間食のお供に、
あんぱんやどら焼きが選ばれているのは有名な話。

お菓子やジュースなどの糖分を摂るよりは、
タンパク質をしっかりと含んでいるあんぱんを選んだほうが後々のキレイな体重増加につながっていきます。

コンビニに行けばあんぱんはほぼ確実に販売しているので、
「サクッと小腹を満たしつつタンパク質も摂りたいなぁ」なんていう時にはあんぱんを食べるのがおすすめです^^。

まとめ

以上が、
ワタクシが逆ダイエットと称して体重増加を目指した時によく食べていた食材です。

逆ダイエットに大事なのが、
食事回数を増やしておくということ。

上記で挙げた食べ物を、
一度の量を減らしてもいいので複数回(5~6回が理想)に分けて食べるようにするとだんだんと体重が増えていきますよ。

他にも逆ダイエットに向いている食材はたくさんあります。

また気になる食材があればこちらで紹介していきますね^^。

キレイに太って健康的な身体を手に入れて、
異性から振り向かれるようなモテボディを手に入れましょう!

関連記事

  1. デブエットを成功させるためのコンビニ活用術とは

    デブエット

    デブエットや逆ダイエットを成功させるためにはコンビニを上手に活用しよう

    デブエットや逆ダイエットを成功させるには、全国に点在するコンビニエ…

  2. デブエット

    筋肉をつけないと痩せちゃう?デブエットで太りたいなら筋トレで筋肉をつけよう!

    デブエットや逆ダイエットで体重を増やすには、筋トレをして筋肉をつけ…

  3. デブエット

    知っておきたい!逆ダイエット(デブエット)の意味は「健康的に・キレイに太る」

    逆ダイエットやデブエットという言葉は、あまり聞き慣れない言葉ですよ…

  4. デブエット

    逆ダイエット(デブエット)の基本を知っておこう!キレイに太るための7つのポイント

    逆ダイエット(デブエット)を成功させるには、キレイに太るための基本…

  5. デブエット

    糖質不足は筋肉を分解してしまう!デブエットに炭水化物が必要な理由とは?

    デブエットを成功させるには、糖質が不足する状態を避けなければなりま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. デブエット

    プッシュアップ(腕立て伏せ)は逆ダイエット・デブエットにオススメの筋トレです!
  2. デブエット

    デブエットを成功させる方法として【チートデイ】は有効なのか?
  3. デブエット

    逆ダイエット(デブエット)で健康的に太るには脂肪になりやすい砂糖よりも炭水化物の…
  4. 健康的に太る

    【動かないから太れない?】逆ダイエットやデブエットを成功させるにはやはり運動だっ…
  5. デブエット

    逆ダイエットを成功させるには糖質とタンパク質を3:1の割合で摂取するのがポイント…
PAGE TOP