デブエット

逆ダイエットするなら骨も同時に鍛えよう!骨量キープで健康的な体を作る!

逆ダイエットするなら、
同時に骨にも栄養が行くようにしておくことが重要です。

骨の密度が減ると、
骨粗鬆症になりやすく、また認知症にもなりやすいのです。

とある医院での認知症患者約50名は全員骨粗鬆症であり、その半数は骨折経験があったと言います。

逆ダイエット(デブエット)をスタートする人は、
大半がガリガリ体型で悩んでいる人ですが、これは筋肉量が少ないと同時に、十分な栄養素を食事から摂れていないことが原因の一つですね。

筋肉が不足していて、
さらに骨も弱かったら、とてもじゃないが健康的な人とは言えないでしょう。

逆ダイエット(デブエット)をする時は、
体重や筋肉量、脂肪量をチェックするのは当然ですが、同時に骨も丈夫にする意識を持っておくとさらに健康になれることを覚えておきましょう。

関連記事▼▼▼
→【逆ダイエット(デブエット)を成功させるために押さえておきたい基本の7ポイント

骨が目減りすると顔も身体も老ける

骨は常に分解と合成を繰り返し、
全身の骨は約3年ですっかり入れ替わります。

特に、
骨の入れ替わりに必要なカルシウムが不足していると、外見の老けに直結してしまいます。

皮膚が弛むと老けて見えるといいますが、
その背景には皮膚を支える骨の萎縮が隠れているのです。

萎縮したら外見が老けてしまう骨の代表格は下顎の骨。

この下顎の骨が縮小すると顔の弛みやシワの原因となってしまうのです。

逆ダイエット(デブエット)では、
健康的に太って男性も女性もキレイになるというのが目的。

筋肉量を増やして体重を増やすと同時に、
骨の量が減らないように意識しておけばいつまでも若々しい健康的な外見を保つことができるのです。

骨を鍛えると生活習慣病を防ぎ、男性機能も保たれる

骨を鍛えると様々なメリットがあります。

・糖尿病の予防
・認知症リスクの低下
・骨粗鬆症リスクの低下
・テストステロン分泌の促進
・筋肉の強化
・男性機能の維持、向上

骨を鍛える骨トレを意識していると、
骨芽細胞が分泌するオステオカルシンというタンパク質が増えてきます。

このオステオカルシンが、
上記のような生活習慣病などのリスクを低下してくれるのです。

また、
オステオカルシンは男性の精巣に働きかけて、テストステロンの分泌を促進してくれます。

逆ダイエット(デブエット)では筋肉量を増やすことがメインですが、
筋肉を増やすにはテストステロンは必要不可欠なホルモン。

骨を鍛えることは、
まさに逆ダイエット(デブエット)をしている人にとってはとても良いのです。

参考記事▼▼▼
→【テストステロンを増やせばモテるようになる?

逆ダイエットで骨を鍛えるオススメトレーニング

骨を鍛えるのに有効なのが、低負荷高回数の運動です。

・駅などではエスカレーターを使わずに階段で上り下りをする
・食事の際は一口につき30回を目安に咀嚼する
・自重でいいのでスクワットをする

これらを日常的に行うだけでも、
骨が刺激されて骨量を保ち、骨密度をアップしてくれます。

逆ダイエット(デブエット)では、
積極的に筋トレをしましょうというのがメインなので、上記に加えて 筋トレを習慣化すれば筋肉量も増え、さらに骨も丈夫になります。

関連記事▼▼▼
→【逆ダイエット(デブエット)を成功させるには筋トレをしよう?

女性必見!カルシウムを積極的に摂取して骨トレをしよう

骨を丈夫にするのに必要な栄養素は、やはりカルシウム。

できれば、
タンパク質が豊富で、かつカルシウムも豊富な食材を選んでおくと便利ですね。

・小エビ
・しらす
・さば
・ヨーグルト
・チーズ
・卵

これらの食材を積極的に食べれば、
タンパク質とカルシウムを両方摂取することができるので、逆ダイエット(デブエット)にはぴったりです。

加えてオススメなのが、納豆。

納豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあり、カルシウムが骨から溶け出すのを防いでくれます。

女性は男性と比べて骨が細いので、
骨を丈夫にすると同時に女性ホルモンの働きを促す納豆や豆腐などの大豆製品は積極的に食べておきましょう。

関連記事▼▼▼
→【逆ダイエット(デブエット)を成功させるには牛丼チェーン松屋をフル活用しよう

まとめ:骨を丈夫にすることが体力向上に繋がり逆ダイエット(デブエット)成功のカギとなる

骨が細かったり弱かったりすると、
骨折しやすくなったり、骨粗鬆症のリスクが高まったりと、いいことはありません。

ガリガリ体型の人は、
ただでさえ周囲から「骨が細くて折れちゃいそう」などと思われがち。

逆ダイエット(デブエット)で体重を増やしてキレイになると同時に、
骨を強くしておけば、さらに健康的に見えますし、病気などのリスクも低減させることができます。

なんども言いますが、
逆ダイエット(デブエット)はただ体重を増やすのではなく、健康的に太ってキレイになるのが目的。

筋トレをしつつ、
タンパク質とカルシウムもたくさんとって、筋肉も骨も丈夫な身体作りを目指しましょう!

関連記事

  1. 健康的に太る

    【デブエットではNG】逆ダイエットを成功させるコツは「ながら食い」にアリ!

    逆ダイエットやデブエットを成功させる一つの方法として、「ながら食い…

  2. コンビニ

    デブエット成功に欠かせないおすすめプロテインドリンクはコンビニで買える!

    デブエット成功に欠かせないのがプロテインドリンクです。そこでお…

  3. 逆ダイエット

    逆ダイエット(デブエット)で今までで太れた方法は【白米を食べる】と【とにかくプロテイン】!

    逆ダイエット(デブエット)で今までで効果があったのは以下の2点でした。…

  4. デブエット

    スタイル美人はデブエットで痩せないように体重をキープしてる!理想の体重の新基準とは?

    デブエットとは、筋トレなどで筋肉量を増やしてメリハリのあるキレイな…

  5. 逆ダイエット

    【素朴な疑問】逆ダイエット(デブエット)できれいに太るにはプロテインはいつ飲めばいいの?

    逆ダイエット(デブエット)をする上で、プロテインを摂取して効果的に…

  6. 健康的に太る

    胸板が厚い女性とおデブな女性は紙一重?!最優先でケアするのは健康的かどうかです!

    胸板が厚い女性はモテない、なんて思っていませんか?実際はそんな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 健康的に太る

    逆ダイエットで筋トレをしても女性はムキムキにならないので安心して筋トレしよう!
  2. デブエット

    デブエットを成功させる方法として【チートデイ】は有効なのか?
  3. デブエット

    デブエットで健康的に太るには【うどん・蕎麦】を上手に活用するのがコツ!
  4. デブエット

    デブエットブログをチェックすると逆ダイエット成功のコツが見えてくる!オススメのや…
  5. デブエット

    逆ダイエットで体重を増やすにはダイエット後のリバウンド方法にヒントがある?
PAGE TOP