デブエット

逆ダイエット(デブエット)の基本を知っておこう!キレイに太るための7つのポイント

逆ダイエット(デブエット)を成功させるには、
キレイに太るための基本をしっかりと理解しておくことがカギとなります。

闇雲に太ろうと努力しても、
脂肪がつき過ぎたり、体重が増えても肌が荒れたり、過度な食事により体を壊してしまったら元も子もありませんよね。

そこで、
逆ダイエット(デブエット)における基本の7つのポイントを紹介します。

このポイントをしっかりと押さえておけば、
逆ダイエット(デブエット)を成功させてキレイに太ることができるはずです。

早速見ていきましょう。

逆ダイエット(デブエット)の基本ポイント
その1 なるべくたくさん食事をする

人間が太るには、
1日の消費カロリーを食事などから摂取する摂取カロリーが上回ることが必要です。

しばらく前まで、日本人の1日の必要摂取カロリーは、成人男性で2500キロカロリー、成人女性で2000キロカロリーだといわれていました。ところが、今では男性2100キロカロリー、女性1800キロカロリーといわれるようになっています。
参考サイト:https://www.karadakarute.jp/tanita/diet/qanda.jsp

もちろん、
年齢、身長、体重などによって誤差はありますが、逆ダイエット(デブエット)で健康的に太るには一つの基準として男性なら2100カロリー以上、女性なら1800カロリー以上を食事やサプリから摂取することがポイントです。

逆ダイエット(デブエット)の基本ポイント
その2 1回の食事でたくさん食べられない時は回数を増やす

1回の食事でたくさん食べることができない場合は、
1日で複数回に分けてカロリー摂取を目的とした食事や間食をしましょう。

朝→昼前→昼→午後のおやつ→夕食→寝る前

例えば、
1回の食事や間食でのカロリー摂取を400キロカロリーに抑えたとしても、上記のように6回食事や間食の機会を設ければ2400キロカロリーを摂取できることになります。

6回は極端だとしても、
こまめにカロリー摂取をする生活を続けていけば、だんだんと体重は増えていきます。

逆ダイエット(デブエット)をするには、
体重を増やす大元である食事をする環境作りも大切なポイントです。

逆ダイエット(デブエット)の基本ポイント
その3 筋トレをして筋肉量を増やす

逆ダイエット(デブエット)で一番大事といっても過言ではないくらい、
キレイに太るには筋トレによる筋肉量の増加が重要となってきます。

筋肉量が増えれば、
体がだんだんと動かすことが容易となり、さらにトレーニングをすることができます。

筋トレや同等のトレーニングをすることによって、筋肉量は増え、さらに空腹となってさらに食事をたくさん食べることができるようになりますよね。

ただ単にバクバクいろんなものを食べて脂肪を増やすのは、逆ダイエット(デブエット)ではありません。

例え、
ラーメン、ご飯、パスタ、丼ものなどの炭水化物を中心とした食生活で体重を増やしても、出来上がった体は脂肪だらけの体となってしまいます。

関連リンク▼▼▼
→【デブエットでは砂糖ではなくて糖質を摂取すべき?

これでは、
「逆ダイエット(デブエット)で健康的に、キレイに太る」という主旨とはかけ離れてしまいますね。

筋肉量が増えれば、
引き締まった体となり、スタイルが良くなります。

脂肪だらけのダルーンとした体ではなく、
出るところは出て、引っ込むところは引っ込んでいるスタイルのいい素敵な身体へとなるのです。

また、
筋肉量が増える=タンパク質をたくさん摂取する、ということなので、髪質や肌質もキレイになっていきます。

タンパク質は、
身体の筋肉や髪の毛、細胞を司る人間にとって最も重要な栄養素の一つ。

脂肪よりも重い筋肉量を増やすには、
タンパク質を積極的に摂取することはとっても大事な要素なのです。

逆ダイエット(デブエット)では、
脂肪の増加は最小限にとどめておき、とにかく筋肉量を増やして体重を増やすことが大事です。

あわせて読みたい▼▼▼
→【デブエットを成功させるにはまず筋トレ?

逆ダイエット(デブエット)の基本ポイント
その4 腸内環境を改善する

逆ダイエット(デブエット)では、
栄養をしっかりと吸収できる腸内環境を整えるのも重要なポイントとなります。

いくらたくさんの食事、カロリーを摂取しても、
それらが腸内で吸収されずにすぐに体外へ排泄されてしまったら一向にキレイに太ることはできません。

逆ダイエット(デブエット)でもダイエットでも普通の人でも、
栄養のバランスが取れた食事をすることで健康を維持しながら、体質を改善(筋肉を増やす、脂肪を減らすなど)するのが基本です。

筋肉量を増やすには、
主にタンパク質を積極的に摂取するのがいいのですが、そのタンパク質が適切に体内に吸収されなければ筋肉に変化しませんよね。

ガリガリだった時期に偏った食生活をしていれば、
当然ながら腸内環境はいい状態であるとは言えないですよね。

もしかしたら、
そのせいでいくら食べても脱ガリガリが達成できなかったのかもしれません。

逆ダイエット(デブエット)でキレイに太るには、
栄養をしっかりと体内に吸収できる腸内環境を整えるのも重要なのです。

関連リンク▼▼▼
→【デブエットの秘訣は栄養を吸収しやすくすること?

逆ダイエット(デブエット)の基本ポイント
その5 良質な睡眠を取る

筋トレや適度な有酸素運動、そして食事や入浴によって、
逆ダイエット(デブエット)でキレイに太る環境を整えたら、あとはしっかりと体を休める環境をも準備するのがキレイに太る秘訣です。

逆ダイエット(デブエット)のための1日を終えて、
「さあ寝るぞ」と寝付いてから1~3時間後、脳からは大量の成長ホルモンが分泌されます。

これによって、全身の細胞の修復や分裂が行われます。

また、
筋肉がタンパク質や他の栄養素を取り込んで筋肉になっていくのも、このタイミングです。

逆ダイエット(デブエット)において筋肉量を増やしてキレイに太るには、
まずは食べて、動いて、そのあとにしっかりと良質な睡眠の質と量(7時間~8時間ほど)を確保することが重要なのです。

また、
良質な睡眠は筋肉を作るテストステロンの分泌も促進します。

テストステロンが十分に分泌されていれば、
筋肉がつきやすくなりますし、なにより日々の生活にハリが出てきてより活動的になります。

良質な睡眠というのは、
思っている以上にデブエットにも生活にも重要なのです。

あわせて読みたい▼▼▼
→【逆ダイエットで筋トレをしても女性はムキムキにならないので安心して筋トレしよう!

逆ダイエット(デブエット)の基本ポイント
その6 趣味に没頭するなどストレスを溜めない

逆ダイエット(デブエット)で最大の敵は「結果が出ない!」というストレスです。

余計なストレスを感じてしまうと、
本来機能すべき筋肉や腸内環境、脳が健全に働かなくなります。

そうなってしまうと、
筋肉量も増えないし、栄養も十分に吸収できない。睡眠の質や量が確保できなければ、成長ホルモンの分泌が低下し、結果的にキレイに太ることができなくなり、もっとストレスが溜まるという悪循環に陥ってしまいます。

前章にも書きましたが、
筋肉を増やすのに重要なホルモンであるテストステロンの天敵もストレス。

ストレスを上手に解消できていないと、
どんどん身体は不健康な方向へと進み、逆ダイエットやデブエットの成果を阻害してしまうことになるのです。

そうならないためにも、
趣味に没頭したり友人と会ったりしてストレスを溜めないようにしておく事も、逆ダイエット(デブエット)を成功させるコツなのです。

逆ダイエット(デブエット)の基本ポイント
その7 定期的に体重や鏡に映った姿を記録しておく

逆ダイエット(デブエット)を継続してくると、
だんだんと自分の体が変わっていくのがわかってきます。

その際、
視覚で自分の姿の変化を確認するためにも、定期的(週間、月間など)に鏡に映った自分の姿をスマホのカメラで撮影し記録しておく事がオススメです。

また、
体重をカレンダーや手帳に記録しておく事も重要です。

いきなりの変化を期待せずに、
体重記録も定期的(週間、月間)で書き記しておくと、自分の変化が可視化できて明日へのモチベーションになるでしょう。

デブエットや逆ダイエットにオススメなのが【ドクター・フトレマックス】

デブエットや逆ダイエットを成功させるには、
筋トレや食生活の改善が必要だというのがお分かり頂けたと思います。

ですが、
いきなりすべてをデブエットブログに書いてあるようにストイックに継続、結果を出すのはなかなか難しいもの。

関連リンク▼▼▼
→【デブエットブログから学ぶ逆ダイエット成功のコツとは?

理想は、
やはり数ヶ月単位、年単位で体重の増加を目標にするのがベストです。

ブログ情報や自分の強い意志に頼るのもいいですが、
デブエットや逆ダイエットを補助してくれるツールを活用するのも賢い選択です。

理想の自分になるための手段はひとつではありませんよね。

デブエットのポイントであるのが、
【高タンパク質、高カロリーでかつ栄養吸収率が良い食品】を摂ることです。

関連リンク▼▼▼
→【栄養吸収率を高める効果があるピペリンとは?

こちらをサポートしてくれるのがドクター・フトレマックス

ドクター・フトレマックス

※今なら全額返金保証付き!
※公式HPからの購入で11,800円→7,680円(最安)

ドクター・フトレマックスを利用して、
無理なくデブエットや逆ダイエットを継続している人や、見事健康的に体重増加を成功させた人もたくさんいます。

こちらには、
実際にドクター・フトレマックスなどの健康補助食品を活用してデブエットに成功した方の声をまとめてみました。

・「ガリガリ!」「痩せすぎ!」と言われなくなった!
・「ご飯食べてる?」と言われなくなった!
・彼氏から「女性らしい体型になったね」と褒められるようになった!
・ノースリーブやスカートを着るのが楽しみになった!
・彼女から「たくましくなったね」と褒められた!(男性)

ドクター・フトレマックスを上手に利用することで、
本来の女性らしい理想の姿を表現できるようになったという方がたくさんいるのです。

また、
ドクター・フトレマックスは粉末状食品で、主に牛乳と一緒に混ぜて飲むタイプなので無理なく摂取することができます。

味はスパイシーココア味。

メインはココア味で、
さらに食欲を刺激する生姜味も少し含まれています。

※ほとんどがココア味なので多くの方に好まれる味となっています。

これならば、
サプリや錠剤を飲むのが苦手な人でも手軽に飲むことができますね。

・デブエットをしたいけど意思が弱い
・逆ダイエット中だけどなかなか結果が出ない
・食事管理に加えてもうひとつ手を打ちたい
・無理せずに長期的にデブエットを継続したい

そんな方々は是非一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ドクター・フトレマックス

→【管理栄養士が監修した太るサプリ「フトレマックス」】公式サイトへ

※今なら全額返金保証付き!
※公式HPからの購入で11,800円→7,680円(最安)

まとめ

以上、
逆ダイエット(デブエット)の基本の7ポイントです。

逆ダイエット(デブエット)でキレイに太ることによって、
体力が増えて行動範囲が広がりますし、当然異性からもモテるようにもなります。

「ガリガリな体型におさらばしたいなぁ」

と悩んでいるガリガリ体型の人は、
逆ダイエット(デブエット)の基本の7ポイントを参考に、キレイに太ることに挑戦してみませんか。

おわり

関連記事

  1. デブエットを成功させるためのコンビニ活用術とは

    デブエット

    デブエットや逆ダイエットを成功させるためにはコンビニを上手に活用しよう

    デブエットや逆ダイエットを成功させるには、全国に点在するコンビニエ…

  2. デブエット

    スタイル美人はデブエットで痩せないように体重をキープしてる!理想の体重の新基準とは?

    デブエットとは、筋トレなどで筋肉量を増やしてメリハリのあるキレイな…

  3. 逆ダイエット

    逆ダイエット(デブエット)で今までで太れた方法は【白米を食べる】と【とにかくプロテイン】!

    逆ダイエット(デブエット)で今までで効果があったのは以下の2点でした。…

  4. デブエット

    逆ダイエットするなら骨も同時に鍛えよう!骨量キープで健康的な体を作る!

    逆ダイエットするなら、同時に骨にも栄養が行くようにしておくことが重…

  5. 健康的に太る

    【デブエットではNG】逆ダイエットを成功させるコツは「ながら食い」にアリ!

    逆ダイエットやデブエットを成功させる一つの方法として、「ながら食い…

  6. デブエット

    脱ガリガリ!逆ダイエットで太るには筋トレをしよう!健康的に太るには筋肉は不可欠!

    逆ダイエット(デブエット)では、筋トレをして筋肉量を増やしながら体…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. デブエット

    逆ダイエットで体重を増やすにはダイエット後のリバウンド方法にヒントがある?
  2. デブエット

    逆ダイエット(デブエット)で健康的に太るには脂肪になりやすい砂糖よりも炭水化物の…
  3. 逆ダイエット

    【素朴な疑問】逆ダイエット(デブエット)できれいに太るにはプロテインはいつ飲めば…
  4. デブエット

    逆ダイエットを成功させるには糖質とタンパク質を3:1の割合で摂取するのがポイント…
  5. 健康的に太る

    【動かないから太れない?】逆ダイエットやデブエットを成功させるにはやはり運動だっ…
PAGE TOP