デブエット

デブエットを成功させる方法として【チートデイ】は有効なのか?

デブエットを成功させるには、
チートデイ(Cheat Day)を有効に活用したほうがいいでしょう。

最近話題になっているこのチートデイ。

チートとは、
英語でcheatと書いて、「騙す・偽る」という意味になります。

ダイエットやデブエットでのチートデイとは、
身体の変化の停滞時に脳を騙して減量や増量を促進させる日を指します。

このチートデイの考え方を、
デブエットでも大いに活用すればキレイに太ることのお助けになるのです。

「食べてるけどなかなか太らないんだよね・・・」

と悩んでいるデブエッターこそ、
チードデイの考え方を利用して体重増加の停滞期を乗り越えていくといいでしょう。

ということで、
今日はデブエットにおけるチートデイの活用方法について考えてみましょう。

チートデイとは「脳を騙してダイエットの停滞期を打破する日」

チートデイは、
ダイエット界では近年非常に話題となり、TVでも「マッチョな人のチートデイは〇〇キロカロリーも食べる!?」みたいな特集が組まれていますね。

人間の身体は、
食事制限などのダイエットで痩せようとするとだんだんと体重が落ちにくくなってきます。

これは、
脳が「生きるために栄養を蓄えないといけないのに、(食事制限で)全然栄養が入ってこない!このままでは餓死してしまうかもしれないので、身体を省エネモードにして体重を減らさないようにしよう!」と指令を出すため、と言われています。

そこで、
チートデイという「カロリーや栄養をたくさん食べる日」を作って、

「なーんだ、どんどん栄養が入ってくるじゃないか。これなら生きられるから安心してエネルギーを消費しよう!」

と脳に勘違いをさせてさらに減量を促進させるのです。

人間は、
生存本能が備わっているので、いざ食べ物がない状態に直面するとなるべく少ない熱量(エネルギー、カロリー)でも生命を維持し、次に食べ物が食べられる時まで生き延びようとするのです。

ダイエット界では、
このチートデイを1ヶ月に1日ほどの頻度で実施して、脳を騙す日を作るのです。

ちなみに、
チートデイでは「食べたいものを好きなだけ食べる」というのが基本的なルール。

ある人はひたすらご飯を食べる。

ある人はひたすらラーメンを食べる。

ある人はひたすらパンケーキやスイーツを食べる。

ダイエット中に食べてはいけない糖質や炭水化物がメインとなるようです。

さぞかし、
ダイエットしている人やボディメイクなどで体重管理をしている人にとってはご褒美のような日となるでしょうね(笑)。

噂によると、
1回の食事で5,000キロカロリーとも10,000キロカロリーとも言われるほど食事をするのだとか・・・。

すごい世界ですね・・・(汗)。

デブエットにおけるチートデイとは?

では、
デブエットにおけるチートデイはどのように考えればいいのでしょうか?

デブエットにおけるチートデイに関しては、
脳に「栄養が入ってこないからなるべくエネルギーやカロリーを溜め込んでおかないと!」と思わせることです。

基本的には、
デブエットは体重増加を目指すので1日5〜6回の食事をしていくのが理想です。

すると、
だんだんと胃腸が慣れてきてデブエットを始める前よりも食事の量が増えてきます。

そうした時に、
1ヶ月に1〜2回ほど食事回数を減らす日を作るのが、デブエットのチートデイです。

こうすることによって、
まず脳は「いままでたくさんの栄養が入ってきたけど、急に入ってこなくなった!これはやばい!省エネモードにしなくては!」と認知します。

チートデイの食事は、
1食から多くても3食くらいに抑えておくのがいいでしょう。
(完全に断食状態にしてしまうと急激な変化に身体がびっくりして体調を崩してしまうかもしれないので、必ず1回以上は軽めの食事を摂りましょう)

そして、
次の日からまた食事のペースを普段通りに戻すのです。

そうすることで、
脳は「あー、安心した。また定期的にどんどん栄養が入ってくるだろうから省エネモードにしなくてもいいんだね」と思ってくれます。

加えて、
チートデイをした後は空腹感がさらに増しているので、さらに食事を美味しく食べることができるようになるので、結果として食べる量に関しても増やすことができるのです。

似てるところだと、「ドカ食い」に近い感じですね。

これがデブエットにおけるチートデイです。

デブエットや逆ダイエットではとにかく食べることを意識する

ダイエットは、
なんだかんだで適度な運動と食事を制限するのが正攻法です。

対して、
デブエットに関してはとにかく「食事を食べる事」がメインとなってきます。

筋トレなどの適度な運動はもちろん並行して実施しますが、
やはりデブエットとダイエットと決定的に違うのが食べる量と回数を意識するということ。

チートデイのペースやその日の食事回数、食べるメニューをよく考えるのは当然ですが、
それもすべては日々の食事の量と回数を増やして脂肪をつけずにキレイに太っていくのがデブエットの目的です。

食べること、そして食べた食事の栄養を身体が上手に吸収してくれることを最優先に考えると言うポイントは忘れないようにしましょう。

デブエットでもジャンクフードはなるべく避けよう

デブエットでは、
たくさんのカロリーを食事から摂取するのが正攻法となります。

すると、
「じゃあとりあえずカロリーが高そうな食事をガンガン食べよう!」と考えてしまいがち。

いくらたくさん食べて体重を増やそうとしても、
身体にあまり良くないと言われているような食事を摂取するのは考えものです。

いくらデブエットの目標体重を達成しても、
それと同時に胃腸を弱めるといったような健康を害する状況になっては元も子もありません。

ここで色々と食事の良し悪しを説いてもキリがありませんので、
まずはジャンクフードと呼ばれる食事は避けるようにしましょう。

いわゆるハンバーガー、フライドポテト、チキンナゲット系というやつですね。

加えて、
砂糖がたっぷり入った清涼飲料水も避けて、お水またはお茶、できればプロテインを常に飲むようにしておくのがベストです。

デブエット版チートデイでは、
食事を控えた日以降が重要となります。

食事をドカッと食べる際は、
GI値が高い食事(白米、うどんなど)とタンパク質(ステーキ、焼き肉、納豆、豆腐など)を組み合わせた食事を心がけ、デザートとして多少のスイーツを食べるくらいが丁度いいでしょう。

デブエットや逆ダイエットにオススメなのが【ドクター・フトレマックス】

デブエットや逆ダイエットを成功させるには、
筋トレや食生活の改善が必要だというのがお分かり頂けたと思います。

ですが、
いきなりすべてをデブエットブログに書いてあるようにストイックに継続、結果を出すのはなかなか難しいもの。

関連リンク▼▼▼
→【デブエットブログから学ぶ逆ダイエット成功のコツとは?

理想は、
やはり数ヶ月単位、年単位で体重の増加を目標にするのがベストです。

ブログ情報や自分の強い意志に頼るのもいいですが、
デブエットや逆ダイエットを補助してくれるツールを活用するのも賢い選択です。

理想の自分になるための手段はひとつではありませんよね。

デブエットのポイントであるのが、
【高タンパク質、高カロリーでかつ栄養吸収率が良い食品】を摂ることです。

関連リンク▼▼▼
→【栄養吸収率を高める効果があるピペリンとは?

こちらをサポートしてくれるのがドクター・フトレマックス

ドクター・フトレマックス

※今なら全額返金保証付き!
※公式HPからの購入で11,800円→7,680円(最安)

ドクター・フトレマックスを利用して、
無理なくデブエットや逆ダイエットを継続している人や、見事健康的に体重増加を成功させた人もたくさんいます。

こちらには、
実際にドクター・フトレマックスなどの健康補助食品を活用してデブエットに成功した方の声をまとめてみました。

・「ガリガリ!」「痩せすぎ!」と言われなくなった!
・「ご飯食べてる?」と言われなくなった!
・彼氏から「女性らしい体型になったね」と褒められるようになった!
・ノースリーブやスカートを着るのが楽しみになった!
・彼女から「たくましくなったね」と褒められた!(男性)

ドクター・フトレマックスを上手に利用することで、
本来の女性らしい理想の姿を表現できるようになったという方がたくさんいるのです。

また、
ドクター・フトレマックスは粉末状食品で、主に牛乳と一緒に混ぜて飲むタイプなので無理なく摂取することができます。

味はスパイシーココア味。

メインはココア味で、
さらに食欲を刺激する生姜味も少し含まれています。

※ほとんどがココア味なので多くの方に好まれる味となっています。

これならば、
サプリや錠剤を飲むのが苦手な人でも手軽に飲むことができますね。

・デブエットをしたいけど意思が弱い
・逆ダイエット中だけどなかなか結果が出ない
・食事管理に加えてもうひとつ手を打ちたい
・無理せずに長期的にデブエットを継続したい

そんな方々は是非一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ドクター・フトレマックス

→【管理栄養士が監修した太るサプリ「フトレマックス」】公式サイトへ

※今なら全額返金保証付き!
※公式HPからの購入で11,800円→7,680円(最安)

まとめ

チートデイを制するものはデブエットを制します。

人間の脳は意識とは別に、
身体を効率よく動かし、生存確率を上げようと様々な本能システムがあります。

そのシステムを上手に活用するのがまさにチートデイ。

デブエットを成功させるには、
食事量を増やすとともに定期的なチートデイを活用するようにしましょう!

関連記事

  1. 健康的に太る

    【デブエットではNG】逆ダイエットを成功させるコツは「ながら食い」にアリ!

    逆ダイエットやデブエットを成功させる一つの方法として、「ながら食い…

  2. デブエット

    逆ダイエットを成功させるには糖質とタンパク質を3:1の割合で摂取するのがポイント!

    逆ダイエットを成功させるには、糖質とタンパク質を食べる割合を3:1…

  3. 逆ダイエット

    逆ダイエット(デブエット)で今までで太れた方法は【白米を食べる】と【とにかくプロテイン】!

    逆ダイエット(デブエット)で今までで効果があったのは以下の2点でした。…

  4. デブエット

    逆ダイエットで健康的に太る方法!体を温め血流を良くして腸内環境を整えよう

    逆ダイエットで健康的に太るには、全身を冷やさずに温めることによって…

  5. 逆ダイエット

    【素朴な疑問】逆ダイエット(デブエット)できれいに太るにはプロテインはいつ飲めばいいの?

    逆ダイエット(デブエット)をする上で、プロテインを摂取して効果的に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. デブエット

    逆ダイエット(デブエット)は若いうちから始めよう!加齢と共に筋肉は減る理由とは?…
  2. デブエット

    プッシュアップ(腕立て伏せ)は逆ダイエット・デブエットにオススメの筋トレです!
  3. デブエット

    逆ダイエット(デブエット)では【松屋】をフル活用して上手にタンパク質を摂取し健康…
  4. 健康的に太る

    胸板が厚い女性は健康的でモテる?逆ダイエット(デブエット)で脂肪を減らしキレイな…
  5. デブエット

    デブエットブログをチェックすると逆ダイエット成功のコツが見えてくる!オススメのや…
PAGE TOP